• Home
  • /
  • その他の鍋

島の食材をふんだんに使った美味しかった鍋料理

九州最大の都市である福岡から高速船に乗って約1時間のところに位置するのが、長崎県の壱岐の島です。壱岐と言えば玄界灘の新鮮な魚介類と和牛ブランドの壱州牛が美味しいことで、福岡や地元などでは知られています。
そんな中、郷土の鍋料理「ひきとおし」の存在を忘れるわけにはいきません。「ひきとおし」とは、お客様を奥の座席までお通しすると言った意味合いがある、郷土のおもてなし料理になります。

壱岐は古代から離島でありながらも自給自足のできる島であり、肉に関しては牛だけでなく鶏や豚を飼育している農家も多いほどです。ひきとおしでは鶏肉がメインになり、鶏ガラと砂糖にみりんや醤油でお出汁を取りますが、ビールや地酒の壱岐焼酎と一緒に美味しくいただくために甘めに味付けします。

また、日本で一般的に知られている豆腐より固くて重い栄養たっぷりの壱岐豆腐、春菊や白菜に椎茸類といった旬の野菜をふんだんに入れます。壱岐の友人は兼業農家で大工の職人ですが、鶏も飼っているため食材のほとんどを実家で賄うことができます。ご馳走で呼ばれて行ったときの感想として、今まで食べた国内外の鍋料理の中で間違いなくベスト3に入る美味しさです。

甘ガラのタレと島の食材との相性が抜群で、地元で造られた焼酎がグイグイいけました。旅行で訪れる際には、壱岐を代表するホテルや旅館では「ひきとおし」の夕食のリクエストが可能ですが、宿の予約の際に念のために確認をしてみてください。

闇鍋で発見!意外においしいお鍋の具

皆さん闇鍋ってやったことはありますか?
それぞ好きな具材を持ち寄って見えないように鍋に入れ、箸でつかんだものは必ず食べなくてはいけないというパーティーでやれば必ず盛り上がるロシアンルーレット的な鍋です。

参加メンバーによってはとんでもなくおいしくない恐怖の鍋になってしまう闇鍋ですが、意外においしい具材もあって大いに盛り上がります。
何度か闇鍋を主催した私おすすめの具を御紹介するので、闇鍋パーティーの参考にしてください。

まずは初心者におすすめモッツァレラチーズ。
そのまま入れると溶けてしまうので、餃子の皮や巾着で包むと良いですよ。
淡白な味なのでほかの具材やメインの汁の邪魔をしません。何にでも合う安全パイです。

次はちょっと挑戦してみたらし団子。
みたらしが汁に溶けないようにこれも巾着で包んだほうが無難です。口に入った瞬間びっくりする割においしいんです。
一時期Twitterでみたらし団子のベーコン巻きが話題になりましたが、みたらし団子って意外にしょっぱいものと相性が良いみたいです。

そして最後に干し芋。
そのままでOK。これはネタバレしないのでぜひ自分で味わってみてください。

言葉自体は知名度が高いわりに経験者は意外と少ない闇鍋。ぜひもっとたくさんの人に経験して欲しいです。

最初で最後の一家団らん

私が中学生の頃、両親の離婚が決まり、私はお母さんと暮らす事になりました。
お父さんは料理人ですが、家では一度もごはんを作ってくれた事はありませんでした。

そんなお父さんが、家を出ていく時に「最後ぐらいはお父さんがごはんを作ってやろうか?」と言い、作ってくれた寄せ鍋が、33年間生きてきた中で、一番美味しかったです。
料理人のお父さんが、朝から丁寧にかつおと昆布で出汁をとり、お父さんが自分で買ってきた、新鮮な魚やホタテと新鮮な野菜、あとはお豆腐屋さんのもめん豆腐。
シンプルだけど、お出汁がきいていて、すごく美味しかったです。

いつも私は、寄せ鍋の時には、ポン酢、一味唐辛子やゆず胡椒を入れて食べるのですが、お父さんの寄せ鍋はポン酢などは入れずに、そのままで食べました。
シメはごはんを入れて、溶き卵とネギを散らしたおじやも最高でした。

お父さんと中学生の時に離れたきり一度も会っていないので、もう2度と食べる事はできません。
自分でも同じように作ってみましたが、お父さんの作ってくれた寄せ鍋とは何かが違い、あの味にはなりません。
毎年、寒くなるとお父さんが作ってくれた寄せ鍋が恋しくなります。

シメを意識すると間違いなく美味しい鍋料理を楽しめます

鍋の具材よりもスープ重視するべきという話です。
鍋をする時、必ず考えるのはシメにご飯を入れるのか、ラーメン、うどん、最近ではパスタなんていうのもあります。私はラーメン派なので、ラーメンをイメージできるスープの味を考えます。ほぼ合わないのはないのですが、味噌ゴマスープが良かったです。

メインは豚肉で、具材はキノコ、ネギ、豆腐、マロニーちゃんとシンプルにしました。もちろん最後にラーメンをいただきます。安い食材で温まり、満腹になります。
ラーメンは子どもも大好きです。スープの味噌は和食系の食材はもちろん、洋食系にも合い、ゴマが入っているので風味も良いです。

メインの食材が決まっている場合は別ですが、大抵、肉が食べたいとか、魚が食べたいとかというより、鍋を食べたいとか温まりたいから鍋を作ることの方が多くないですか?
なので、味の決め手となるスープと最後に口に入るシメを意識すると間違いなく美味しい鍋料理を楽しめます。

Back to Top